アルミフレーム筐体

組み立て/分解,用途に応じた拡張が用意なアルミフーレムを用いた実験用の筐体です.

複数のFPGAボードを格納したいなど,特殊なサイズのケースが必要な場合におすすめです.

#

  • 基本構成は幅40cm× 高さ20cm× 奥行き60cm
    • サーバラックに収まるサイズです.ラックマウント用金具の用意もできます
    • 用途に応じてサイズの変更を承ります
  • 筐体構造に必要な組み立て部品一式を同梱.簡単に組み立てていただけます.
    • ご要望に応じて,組み立て加工後の納品を承ることもできます
  • PCマザーボードやPCIeボードを設置できる穴あけ済みパネルを用意します.
  • 使用目的に応じてATX電源や産業用電源を選択いただけます.
  • 使用目的に応じて,電源スイッチやLEDを用意できます.

フリースタイルのケースなので用途に応じて自在にPCやFPGA基板を格納可

使用するボード,システムに合わせて自由にご利用いただけます.必要なパネル,事前加工,スペーサなどの部材の用意に応じることができます.

#

構成事例

例1: 複数枚のPCIeカード型のFPGA評価ボードを収容するケース

#

ダミーのPCIeスロット基板をマザーボードとして,PCIeカード型のFPGA評価ボードを整然と格納することができます.

#

フロントに設置したアクリルパネルに電源スイッチを設けています.

#

上から見るとこんな感じ.ボードのスタンドをつけたまま,ケースに格納できるゆったりサイズです.

#

電源も必要に応じて複数並べることができます.


お問い合わせはこちらから


Captcha認証コード