Axfmc6040 - SATA開発用FPGAボード

 Axfmc6040は,SATAデバイスにアクセスする製品開発および研究のためのFPGAボードです.FMC LPCコネクタを介して,他のFPGAボードにSATAポートを拡張できます.SATAのプロトコル処理をAxfmc6040で完結させることで,メインロジックでは,SATA制御由来のタイミング制約やリソースの制約を受けることなく,アプリケーションの開発に注力できます.


#


主要部品のスペック

  • FPGA XC6SLX45T-3C
  • DDR3SDRAM MT41K128M16JT-125 (2Gb)
  • IO
    • CSI-2 x2
    • FMC LPC
    • SATAポートx2
  • 付属IPコア
    • e7SATA IPコア(Developer Preview版のためVHDLコードで提供中)
    • e7LVDS IPコア (ngcで提供)
  • その他
    • LEDx8 + LEDx1
    • プッシュボタンx1

#

Zedboardと組み合わせた例(製品にZedboardは含まれません)


IPコア内部構造とインターフェースについて

ReqのUPLにはディスクに送信したいFISパケットをそのまま入力します.

StatusのUPLには,ReqへのFIS送信結果が返されます.32bitの固定長データで,正常終了=0x00000001,再送タイムアウト=0x00000002です.

ReplyのUPLからは,ディスクから送られてくるFISパケットが出力されます.ただし,ディスクから返されるFISパケットの先頭にバイト数を示す32bitのヘッダが付与されます.




#


クイックスタート用の回路とLVDSインターフェースについて

FMCで他ボードのFPGAと通信するために,e7LVDSIfaceを使っています.e7LVDSIfaceはe7SATAコアへのUPLポートとの単純なブリッジを提供しています.下図はクイックスタートとして提供しているサンプルシステムのオーバービューです.

#


ボード外形・概要

#

#


お問い合わせはこちらから


Captcha認証コード