exStickクイックスタート

exStickをお使いいただくための手順をご紹介します。


基板の準備

exStcikは生の状態で届きます。

#


Pmod端子のハンダ付け

同梱のL型ピンヘッダ(メス)をハンダ付けしてください。

#

電源の供給

exStickには3.3Vを供給してください。まず、PMOD端子から供給するのがわかりやすいでしょう。

写真のように、手持ちのFT232RL(秋月電子通商 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01977/ )から3.3Vをひっぱりました。

#


コンフィグレーションアダプタの接続

Xllinx標準のPlatform Cableを接続します。

#


コンフィグレーション

コンフィギュレーションはXilinx ISE WebPackに付属のiMPACTからいつもの手順で実行できます。

exStickに搭載されているSpartan-6 XC6SLX16が見えるはずです。

#


書き込むファイルを選択

XC6SLX16の上にマウスカーソルを持っていき右クリックし、「Assign New Configuration File...」をクリック。

#


ここでは、デモ(購入者様用ダウンロードページよりダウロード可能)を選択します。

#


書き込み

XC6SLX16の上で右クリック、コンテクストメニューからProgramを選択します。

#


書き込み完了

正常に書き込みが完了したらSuccessのメッセージが表示されるはずです。

#


動作確認

exStickにデモファイルを書き込むと、ping応答やexStickからのパケット送信で動作を確認できます。

exStickにイーサネットケーブルを接続

#


IPアドレスを設定してpingの実行

デモ用のbitファイルではexStickのIPアドレスは10.0.0.1/8に設定されますのでテスト用のPCのIPアドレスも同じように10.0.0.0/8のアドレスを指定する必要があります。ここでは10.0.0.4にしました(3.3のため)。

#

tcpdumpにてデモパケット送信状況を確認

デモbitファイルでコンフィギュレーションされたexStickは、10.0.0.4のポート16384に全力でUDPパケットを送信します(DIPスイッチでテストパケット送信のON/OFF、パケットサイズの変更ができます)。この様子はtcpdumpで確認できます。

#