eagleをスクリプトで制御

「eagleで基板引き」では適当にemacs-lispでeagleの外でコマンド列を作って,それを流し込むことでライブラリ作成などの手間を省いていた…が,ULPスクリプトというのが備わっているらしい.

というわけで,ULPスクリプトでexStickのライブラリを書いてみた.

こんな感じ.

_2012-11-15_17.07.01

http://web.mit.edu/xavid/arch/i386_rhel4/help/24.htm

とか

http://www.aomori-u.ac.jp/staff/wajima/cad/Explanation/5/1_cmdline/

とかを参考にしました.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする