struct sk_buffについて

また、exStickとは関係ない小ネタです。

sk_buffというのは、大雑把に言うとsocketを通じてやり取りされるデータを管理するための構造体です。

ネットワークドライバを作る時には必須となる、重要なデータ構造になります。

この構造体の定義を見ると、まえはパケットデータのヘッダにアクセスしやすいように、以下の共用体が定義されていました。

ところが、あたらしいsk_buffの定義を見てみると、どうやら以下のようになったみたいです。

このあたりの解説がされている本で出版されているものは、古いsk_buffのスタイルでの解説しかないと思うので、読者自身が追従していく必要がありますね。

勉強になります(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする