アルミフレームケースはじめました

PCIeエッジを持ったFPGA開発ボードを使った開発をしていると…

  • PCIeスロットにFPGAボードをさしてJTAGケーブル接続するとフタが閉まらない
  • FMCカードで拡張すると,カードが飛び出してフタが閉まらない

ということがままあります.そんなとき,手軽にケースが準備できると嬉しいですね.もちろん,オリジナルの基板でシステムを作るために,ケースもオリジナルで用意しないといけないということもあります.

しかし,結構ケースを作るのにはお金がかかる…

というわけで,アルミフレームを使って,どのくらいそれっぽくなるか,というのを試してみたところ,こんな感じに.

幅40cm,高さ20cm,奥行き60cmでサーバラックに収まるサイズです.

パネルを敷いてMini-ITXマザーボードと電源を置いてみました.広大なスペースです

真上からみてみたところ.PCIeエッジは上に渡したパネルにネジで固定することにします.

斜めからみるとこんな感じ.

日常使いにできるよう,電源やディスクを固定するL型の金具,スイッチなどの周辺部品を用意,パネルにATXな穴を開けて,常用できるようにしようと思っています.

一般的なアルミフレームの組み合わせで構成していますが,もし,一式まとめて注文したいという方は,お問い合わせフォームよりご連絡ください.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする