Raspberry Pi Compute Module 4にカメラをつなぐ

技術紹介

Raspberry Pi Compute Module 4(以下CM4)がついにリリースされましたね。PCI Expressが出てたり、1000BASE-Tのインターフェースが直で出ていたりと、いろいろ面白いモジュールになってます。

今回は、RasPiではお約束のカメラを繋ぐのを試してみました。これまでのRasPiと違ってCM4はいろいろはまりポイントっぽいところがありましたので、そのメモを残します。

OSのインストール

まずはCM4に搭載されているeMMCにOSをインストールします。

Windowsマシンに、rpibootとRaspberry Pi imagerをインストールします。WindowsマシンとCM4 + IO boardをUSBでつなぐと、CM4のeMMCがストレージに見えるので、imagerでRaspberry Pi OSをインストールしました。次のQiitaの記事を参考にしました。

Raspberry Pi Compute Module 4にOSを書き込む(SDカード不要・SSHとUSB2.0の有効化) - Qiita
用意するもの ・Raspberry Pi Compute module 4 ・IOボード ・ACアダプター(12V 0.5Aで動作確認済み) ・USBケーブル(microB) ・ジャンパー *SDカードは必要ありません. ...

CM4をeMMCストレージモード(ブートモードでない方)にしてPCに繋ぐとUSBデバイスとしては認識されますが、すぐにはストレージには見えません。その状態でrpibootを実行すると、CM4をストレージモードに変更してくれるようです。

USBホスト機能を有効にする

Raspberry Pi OSをインストールした状態では、IO boardのUSBコネクタにキーボード等を繋いでも認識されません。/boot/config.txt の最後に追記します。(さきほどのQiitaの記事の最後に書いてある内容です。)

 

カメラを使えるようにする

eMMCブートモード(ジャンパを外した状態)にして、CM4を起動します。いつものようにRaspberry Pi OSが起動してきますので、タイムゾーンなどの初期設定を済ませます。

この後の手順は公式サイトの情報を参考に進めます。

Attaching a Raspberry Pi Camera Module to the Compute Module IO Board - Raspberry Pi Documentation
Documentation in this section includes basic information about the Raspberry Pi Compute Module, including schematics and design files.
  1. Shellを起動して、ソフトウェアのアップデート
  2. raspi-configでカメラインターフェースを有効にする
  3. dt-blob.binを追加する
  4. shutdownして電源を切る
  5. カメラをJ5に接続する(J5がカメラ番号0になる)
  6. 電源を入れる
  7. カメラで撮影してみる

するとこんな感じで、ディスプレイにプレビューが表示されました。

まとめ

従来のRaspberry Piのようにraspi-configでカメラ有効にするだけではないところがすこし面倒ではありますが、無事カメラが使えるようになりました。今回はシンプルに1つだけのカメラを使う方法でしたが、カメラインターフェースは2つ搭載されていますのでステレオカメラなどもできそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました